メンテナンス

機関修理・不具合調査

機関の不調部分の調査から修理まで行います。




FRP修理・オーニング取り付け・スパンカー取り付け

FRPの造成、整形や、オーニング取り付け、スパンカー取り付け、
ワンオフ加工作業なども行っています。お問合せください。




船底塗料(船底防汚塗料)

港に係留しているボートの船底にはフジツボなどが付着します。もちろん河川でも同様です。
インボートの場合はベラ部分も浸かる為、その周辺も船底塗料を塗ると効果があります。

当方での作業工程
陸揚げ → 船底カキ落とし → 船底ジェット洗い → 船底塗装

※揚げ作業の都合上、事前に連絡ください。





オイル交換

和船、プレージャーボートは定期的なオイル交換が必要です。
エンジンオイル交換(4ストロークエンジンの場合で2回/年)
インボートで(3から6ヶ月に1度)
ギヤオイルの点検、交換も必要であればエンジンオイル交換時にやったほうがよいでしょう。
エンジンから操舵装置に来ているワイヤーの点検、グリースアップ、悪ければ交換(1回/5年くらい)
バッテリーの点検、充電、交換(管理方法によって寿命はまったく違ってきますが3年くらいは持つと思います)




その他メンテナンス

ワイヤーの点検、グリースアップ、バッテリーの点検
亜鉛交換(これを怠ると電食で機関にダメージを受けるので大変重要です)